国内のバイナリーオプション業者を利用するメリット

By: yonolatengo

バイナリーオプションの取引をする場合、国内と海外では大きくルールが違っています。それは日本の金融庁が国内のバイナリーオプション業者を監督しており、ルールを定めて取引をさせているためです。海外のバイナリーオプション業者を利用すること自体は問題ではありませんが、金融庁の監督外となっているため、トラブルに巻き込まれた場合でも対処が難しくなります。海外のバイナリーオプション業者を利用する場合は注意が必要です。(参考:バイナリーオプション おすすめ

では国内と海外の業者を利用する違いは何があるのでしょうか。大きな違いとしては「税制」です。バイナリーオプションに限らず、FXや株式取引で利益を上げた場合、一定の割合で税金を納めなくてはなりません。もし無申告の場合、あとから追徴課税されてしまう可能性もあります。海外の取引は全て雑所得として扱われます。雑所得には20万円の控除がついているため、20万円以下の収益であれば申告しなくても問題ありません。国内の取引に関しては申告分離課税として課税されます。

申告分離課税はどんなに利益を上げても、税率20%で固定されています。雑所得の場合は給与所得などと合算し、高い場合には40%以上の税率となります。大きな利益を上げる場合国内で取引をしたほうが税率が低く済みます。また申告分離課税には損益通算というシステムがあり、損失を申告しておくことで、翌年以降3年以内の利益を相殺することができます。損失を出した次の年に利益が出た場合でも、全体でマイナスであれば税金を払う必要はありません。

雑所得にはそういった通算システムがないため、1年ごとの計算となり、マイナスとなった場合でも何か優遇されるわけではありません。バイナリーオプションはFXやCFDなどの取引の利益と損益を合算することもできますが、株式取引とは合算できません。また、海外と国内の取引を合算することもできません。たくさん利益を出すのであれば国内の業者を利用したほうが、税金面でメリットがあります。

バイナリーオプションの投資家のブログ活用法

By: NOGRAN s.r.o.

世の中には非常に大勢の投資家がいます。その投資家の中には、当然、バイナリーオプションの取り引きをしている人も沢山いるはずです。実際、インターネット上には、そうした投資家の数多くのブログが存在しています。そして自分自身の投資の体験談や近況、あるいは具体的な投資手法などの様々な情報を発信しているのです。

それらの情報は、必ずしも全てが有益で読んで為になる内容であるとは限りません。中には読む価値の無いようなものもありますし、時には事実とは違う誤った情報さえあります。ですから自分もブログの読み手の一人として、決してその情報を鵜呑みにするようなことはせず、注意して賢く読まなければならないと言えます。大切なことは、情報の真偽を正しく見極める目を養うことです。

逆に言えば、その点さえ注意すればバイナリーオプション関連の様々なブログ情報は、非常に役に立つとも言えます。何しろ投資家の実体験に基づいた情報も多くあるのですから、読みようによっては大いに参考になるはずです。特に投資の初心者にとっては、先駆けて投資を行っている先輩たちの体験談は最高の教科書にもなり得ます。ブログには成功して大儲けした体験談もあれば、失敗して大損してしまった体験談もあります。それらの体験談の多くは、きっと貴重な参考資料になるに違いありません。

しかしバイナリーオプションはルールがシンプルで分かりやすい分、初心者でもいきなりマーケットに登場して参戦してしまう傾向があります。しかも比較的少額から投資を行えますので、尚更その傾向が強くなってしまうのです。ですからせっかくのブログ情報も、あまり積極的に活用されていないと言えるでしょう。

これはとても残念なことです。ある意味では宝の持ち腐れとも言えそうです。せっかく色々な情報がネット上に無料で出回っているのですから、もっと積極的に活用すべきです。そうすればきっと、バイナリーオプションの勝率アップのためにプラスになるに違いありません。

バイナリーオプションとは最初に利益が決まっている投資です

By: Simon Cunningham

インターネットが当たり前になった現代、誰でも手軽に投資をはじめることが出来るようになり、投資が一般家庭にも身近な資産運用になっています。しかし為替やろうそく、株価変動といわれると難しい印象を覚えてしまう人も少なくありません。ここでは投資の入門として最近最も注目されているバイナリーオプションとはどのようなものか説明していきます。

一般家庭でも手軽に取り組める投資として今まで身近だったのはFXでしょう。これは為替の変動に対してお金を投資し、その差益によって資産を運用する方法です。バイナリーオプションは為替に投資すると言う点でFXと同じですが、もっとも大きな違いとして利益が最初から決まっている点が上げられます。

今までの投資では株価や為替が変動すれば変動するほど利益が出る仕組みなので、時として自分が投資した金額以上のものが負債となってしまう点が問題でした。その点、バイナリーオプションは最初に払い戻しが決まっています。というのもバイナリーオプションは為替がいくら変動したかではなく、単純に「上がるか下がるか」の予想しか必要ないからです。仮に予想通りだった場合、投資会社が設定したペイアウト率に従って利益が払い戻されますし、失敗した場合でも自分が決めた投資金額だけがなくなるのです。つまり自分が投資した金額以上が必要とされることはありません。最初から決まった金額の範囲で投資をはじめられることがバイナリーオプションが初心者向けと言われる所以です。

またバイナリーオプションはスキマ時間からはじめられる点も魅力的です。ほんの数分先の為替が上がるか下がるかを読むだけでよく、投資が成功した場合の利益も最初から決まっているため、一日中ろうそくに張り付いて利益と損失について難しい計算して一喜一憂する必要がありません。上がったか下がったかの予想が当たるだけで最初に設定された金額が払い戻されます。
成功した場合の払い戻しが決まっていて、いくら投資するかは自分で決められる。そして難しい株式や為替の変動を一日中見る必要がなく短い時間の少額投資から始められる。これがバイナリーオプションの大きな特徴です。

23時からの豪ドル円が与えてくれたチャンスに全く気付かなかった

By: Danielle Elder

せっかくのトレードチャンスを逃してしまいました。前日のニューヨーク時間の夜9時過ぎに見ていた豪ドル円は上値が切り下がって下押ししていました。5分足から順番に見ていくと、短時間足では上下に長い下髭があること、間隔が狭いレンジが印象的でした。優勢的に買われているのがポンド円で、その他ユーロ円や米ドル円も買われていて、よく見るとオセアニア通貨が買われていない状態でレートの勢いが落ちていると思いました。

なぜこんなに人気がないのかと落胆してしまいました。間隔が狭いレンジはブレイクする可能性を秘めているけど、ニューヨーク時間ではあり得ないし、明日の東京時間になっても狭い間隔を行くレンジでトレードは出来ないだろうと考えました。今まで本番での取引は豪ドル円と米ドル円しかしていません。

一番いいのがポンド円だとわかっていたけど、ポンド円で本番の取引をしたことがない私は手を出すべきではありません。やろうと思えば出来るのが米ドル円だけど、見ていて私の得意な動きではありませんでした。もう出来る通貨が無いと諦めてパソコンの電源を切りました。私が諦めたのは22時過ぎ。

一夜経って豪ドル円のチャートを振り返ると、23時から本格的に動き出していました。深夜にはレンジブレイクが起こって豪ドル円は92円を突破しています。さらに東京時間の高値である92.19もすんなり抜けて92.40まで上値が伸びています。私が諦めてから1時間後にレンジブレイクが起こっているところを見てしまい、起きていればトレード出来たのにと悔しいです。

これは間違いなくチャンスの相場到来なのに。間隔が狭いレンジになっているとき、ロングを仕込んでおけば1日の獲得目標である10PIPSなんて簡単にいただけています。ニューヨークボックスというトレード手法があるのですが、まさにこれを使えば勝てています。東京時間の高値と安値に線を引っ張り、そこをニューヨーク時間でブレイクしたらついて行くというもの。それで損切りは30PIPSに設定です。

金利差によって利益を追求できるFXトレード

By: Andrew Pantyukhin

通貨トレードに関しては為替レートの変動によって利益を得るという考え方が一般的であり最もシンプルな方法であり多くの方が活用されております。また為替レートの差で利益を得る方法ですと、短期間のトレードでも大きな利益を狙うことが出来ますので、現在多くの方が取り組まれているトレード方法であると考えられます。

こうした為替レートの変動を活用したトレード方法以外もFXではスワップポイントによる利益も追求できるようになっておりますので、為替取引をされている投資家の方にも人気の取引方法として定着しております。

スワップポイントというのはFXトレードに置いて金利差によって得られる利益であり、高金利な通貨に対して取引をしてポジションを保持している間ずっと金利差益を得ることが可能になっておりますので、デイトレードなどの短期トレードよりも長期的な運用をしたいという方には最適な投資運用方法であると考えられるのです。

FXトレードというと短期的な通貨の売買で利益を得るという方法が注目されておりますが、外貨預金の代わりとしてスワップポイントを狙って取引をするというのも賢いFXの活用方法となっております。スワップポイントは通貨の金利差益によって発生する利益でありますので、どのFX口座で利用してもそれほど変わるものではありませんが、FX会社によってスワップポイントの設定で異なることがありますので、自分の希望に合ったスワップポイントが得られるかどうか事前にチェックしてFX口座を開設するということも大切になってくるのです。

また、外貨預金などではメジャー通貨に限った取引しか行われないケースがありますので、高金利のマイナーな通貨で取引したいという方にはFXは非常に役立つ存在であると考えられます。FXではマイナー通貨も多く取り扱われておりますので、金利先を狙った取引を希望される投資家の方にはうってつけの為替投資ジャンルであると考えられるのです。

米ドル円だけが生き残った東京時間午前の下落の正体は?

By: Addison Place at Boca Raton

東京時間午前の相場は、東京株式市場がスタートすると日経平均は3桁で寄り付き、クロス円を下支えしました。それも1時間程度。日経平均と米ドル円だけは相変わらず堅調でいい感じ。その他は、別のもののおかげで急落する被害にあいました。

豪ドル円は92.69の高値から転落。短時間で91.18まで下落する始末。ユーロ円は137.47の高値から136.83まで下落。ポンド円は、194.51の高値から193.98まで下落。これは10時過ぎから現在の13時15分までの間に起こった変化です。一般的に東京時間は一方行に進みにくい時間だと言われています。

値幅で考えると30PIPSぐらいが平均かなぁと思う。それが、豪ドル円なんて1円以上もあります。いくらユーロ円やポンド円は値幅がある通貨だからといっても、短時間でこの動きは行き過ぎています。通貨にはそれぞれ1日に動く平均的な値幅が存在します。豪ドル円の場合だと50PIPS程。ユーロ円だと70PIPS程。

これくらい動くことを頭に入れて、まだ値幅が広がっていない場合、もう少し動くかもしれない、動いた場合は、大きな値幅は狙えないかもしれないから少しの利益で確定させるトレードをしよう!と計画を立てます。昔は信じてやっていました。だけど、最近の相場は変わってきていて、ボラが高いし、急に値幅を広げて動かなくなるからあまり参考にならないと感じます。

値幅から予測するトレードは、全く意味がありません。また長期のポジション保有も向いていません。いつまでも利益が出たポジションをもっていたら急落で損切りですよ。どんなやり方が向くのかを考えると、チャートを見ていて大きなろうそく足が出て、レートの勢いが活発になったら、そちらの方向について行って、サッと利益をもらって終了。

こうしないといけないと思います。その大きく動きだす瞬間を見ていたらと思うけど、レポートのチェックをやっていたので気づきませんでした。米ドル円だけが下げていないことを不思議に思いました。謎の下落の正体なんですが、人民元の大幅下落によるドル高でした。人民元!?また中国じゃないですか。今度は株ではなく通貨そのもの。